埼玉県 川越市


江戸の面影を残す街として知られ、多くの観光客を集めている。

2007年には今上天皇夫妻がスウェーデン国王カール16世グスタフ夫妻を案内する形で来訪し、海外から来日した国賓にも日本の代表的な町並みとして紹介されるまでになっており都市景観100選を受賞している。

2008年2月には、商工会議所を中心に小江戸川越検定第1回検定を行なう予定である。

平成4年から、電線類地中化(無電柱化)に取り組んでおり、今では、年間400万人の観光客が訪れている。
当NPO書籍「電柱・電線の地中化の方法と実践」にて紹介。