実施年度:1997年5月
事業者:福岡地所
基本計画者:福岡地所
事業方式:建売り
街区面積:230103㎡
戸数:453戸

計画地周辺は農村地帯で、町の「農村活性化構想」に基づく住宅地開発としてスタートした。

街区計画は、骨格道路(公園通り)に大ループ道路が接続し、それに小ループ道路やクルドサックが接続。さらにフットパスによって相互につながる構成で、T字交差を原則とする。ループ道路入口に公園(大小21ヵ所)を配置。ゲートには、門柱とゲート公園を配してゲート性を高める。景観配慮のため無電柱化を採用しています。

 

宗像コモン玄海公園通り

 

 

 

※HPより抜粋