東京、大阪、沖縄で開催し、各地で大変ご好評を頂きました無電柱化法成立記念シンポジウムの北海道開催が決定致しました!!

■ プログラム(2017 年10 月19 日(木)14:00 ~ 17:30)
□主催者挨拶 伊津元博理事
□来賓挨拶  北海道開発局長 和泉晶裕  登別市長 小笠原春一
□現状報告 北海道開発局道路維持課 神田太朗課長補佐 「無電柱化の現状とこれから」
□基調講演  石田東生(一財) 日本みち研究所理事長
(仮)「社会システムのイノベーションをもたらす道路政策」
□休憩 企業展示閲覧(展示ホール)
□話題提供 土木研究所 寒地土木研究所 特別研究監 山下彰司
「 北海道からみた無電柱化に必要な技術開発」
□パネルディスカッション「北海道らしい無電柱化を考える」
□質疑応答
□NPO からのお知らせ 井上利一事務局長

□コーディネーター:佐々木葉(早稲田大学創造理工学部 社会環境工学科 教授)
□パネリスト:石田東生(筑波大学特命教授 (一財)日本みち研究所理事長)
浜田 哲(美瑛町長)
室谷元男(江差町歴まち商店街協同組合監事)
奥村敦史(北海道電力㈱流通本部配電部長)

□会場:かでるホール(道民活動センタービル1階)
□参加費:無料(資料代 1,000 円:任意)
交流会 18:00 ~ 19:30 費用4000 円
札幌グランドホテル ビッグジョッキ

10月19日 14時をもって、当シンポジウムの申し込みは、終了いたしました。

 

北海道開催では500名程の座席を確保予定です。
東京、大阪と超満員でしたので参加を希望される方はお早めにお申込みお願いします!

※開催は14時からですが、同ホール・展示室において、13時から、協賛いただいた企業の展示会を催しております。併せてご観覧下さい。

シンポジウムの後は交流会も致しますのでそちらも是非ご参加ください。

 

雄大な自然や大地。果てしなく続く広々とした道路

無電柱化シンポジウムin札幌で、北海道がもつ一流の自然と道路の景観を世界に向けて情報発信します。

シンポジウムは東京、大阪、沖縄。そして今回は北海道へと広がっていきます。

無電柱化を知って、北海道らしさを創り上げる第一歩へ!

当シンポジウムでは、北海道の景観や道、電力・通信事情に詳しい関係者に集まっていただき、講演やパネルディスカッションを行います。

「北海道らしい」を合言葉に、熱気あふれるシンポジウムにしていきます。皆さま 是非ご参加ください。

シンポジウム案内PDF

 

本シンポジウムは、土木学会のCPD認定プログラムです。(3.5単位)

 

 

CPD認定講座

 

資料(1000円)は当日講演者および登壇者が発表する資料です。

*資料の購入は任意です




複数人参加される場合はお名前と交流会への参加人数、必要な資料数もご記入お願いします。